スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

KREVA

KREVA(クレバ、本名:畠山 貴志(はたけやま たかし)、1976年6月18日 - )はヒップホップMC、トラックメーカー。血液型:O型。東京都江戸川区出身、東京都立国際高等学校、慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業 。ヒップホップグループ、BY PHAR THE DOPEST及びKICK THE CAN CREWのMC兼トラックメイカー。FUNKY GRAMMAR UNIT、神輿ロッカーズの一員。所属レコード会社はポニーキャニオン。所属レーベルはKnife Edge。身長178cm。好きな食べ物はツナ。

名前の由来は英単語clever(「ずる賢い」の意)から。


~PV~

>>PVはこちら


~KREVAの詳しい内容は続きを読むへ~

>>PVはこちら






アンダーグラウンドでの活動では、CUEZEROとともにBY PHAR THE DOPESTの活動を長く勤め、アルバム『BY PHAR THE DOPEST』をリリースするまでに至る。

1997年からLITTLE, MCUとともに活動を開始したKICK THE CAN CREWでは、MCとほぼすべての曲のトラックメーキングを担当。2002年には「マルシェ」でNHK紅白歌合戦出場を果たす。

即興でリリックを作りラップをするフリースタイルのスキルには定評があり、「B-BOY PARK」のMCバトル(即興でフリースタイルを披露する)にて史上初の3連覇(1999年~2001年)を達成。特に2001年は、KREVAを意識し「クレバスタイル」と呼ばれるラッパーが続出する中での堂々たる優勝であった。2001年をもって大会殿堂入りを果たしている。

2004年6月、日比谷野外音楽堂での2daysライブを最後にKICK THE CAN CREWの活動を休止。同年、自らを「新人クレバ」と称しソロ活動を開始した。自身の誕生日6月18日、インディーズからシングル「希望の炎」を10908枚限定リリース。そして9月8日、ポニーキャニオン内レーベルの"Knife Edge"から、シングル「音色」でメジャーデビューし、本格的なソロ活動を開始。10月には2ndシングル「ひとりじゃないのよ」、11月には1stアルバム『新人クレバ』をリリース。

2005年、インディーズデビューから約1年を経て、「新人クレバ」から「KREVA 2nd season」と銘を変えさらなる活動を展開。「ファンキーグラマラス feat.Mummy-D(マボロシ/Rhymester)」「イッサイガッサイ」「スタート」「国民的行事」と前年を超える4枚のシングルをリリースした。

2006年2月1日にアルバム『愛・自分博』をリリースし、HIP HOPソロアーティストとしては初となるオリコンウィークリーチャート1位(2月13日付け)を獲得した。また、同アルバムのツアーである「KREVA TOUR 2006 愛・自分博 ~国民的行事~」を開催。最終公演の東京では、こちらもまた邦楽ヒップホップソロアーティスト初となる日本武道館公演を果たす。9月には「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2006」で10年ぶりにBY PHAR THE DOPESTとしての活動を再開。シングル「恥じゃない」、アルバム『だからどうした!』を発売。また、吉井和哉のツアー『TOUR2006 THANK YOU YOSHII KAZUYA』のオープニングも手掛けた。

2007年5月からは、TOKYO FM及びJFNのヒューマン・コンシャス・プロジェクトの一環として、久保田利伸とのツアーを実施し、久保田利伸 meets KREVA名義でコラボレーションシングルをリリース。6月からはヒップホップソロアーティストとしては初となる大ホールツアーとして「KREVA CONCERT TOUR '07 SEASON-1『意味深』」を実施。5月25日、渋谷センター街のボードにて夏に3rdアルバム(よろしくお願いします)のリリースと、6月に草野マサムネ(SPITZ)とのコラボレーションを発表したことも話題となった。10月からはこの年2度目のツアーとなる「KREVA CONCERT TOUR '07 『K-ing』」を開催。さらに「テレビ朝日開局50周年記念 KREVA CONCERT TOUR '07」として、11月23日より2日間(1日目はゲストデー、2日目はノンゲストデーとして)、自身2度目の武道館で開催した。ゲストデーには、ツアーに帯同した5人に加えCUEZERO、DABO、MUMMY-D、久保田利伸、ALI-KICK、KOHEI JAPAN、SHINGO☆西成らが出演。ノンゲストデーでは、MC、DJなどすべて1人でライブを進行してみせた。

2008年1月15日、自身のブログで約4年半交際していた1つ年上の一般女性と結婚したことを発表した。3月19日には自身初となるベストアルバムの『クレバのベスト盤』を発売。このアルバムについてCM集をYouTubeで一般に募集したことも話題となった。詳細はアルバムの項目を参照。また、映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』に出演。さらにその主題歌「裏切り御免」を、KREVA、布袋寅泰、亀田誠治による期間限定ユニット「The THREE」が担当した。

2008年8月3日、茨城県の国営ひたち海浜公園で開催された野外イベント「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008」では「世界で俺だけが呼べるスペシャルゲスト、KICK THE CAN CREW!」とLITTLEとMCUを呼び、4年振りに「イツナロウバ」「アンバランス」の2曲を披露した。


MC以外にも幅広い才能を見せている。平井堅、小柳ゆきなど様々なアーティストの楽曲のリミックスや客演を行い、また近年、CUEZERO、 SONOMIを率いて自らのレーベル「くレーベル」を発足し、プロデューサーとしても活躍している。DJ TATSUTAと結成した顔PASSブラザーズ、BLAST RAMPAGEの千晴と結成したストレスFREEとしても活動している。
KICK THE CAN CREWとしてのメジャーデビュー以前の2000年には、映画『ケイゾク』のオープニング/エンディングテーマ、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』の音楽を担当した。以降、堤幸彦監督作品にはたびたび起用され、2006年にはドラマ『輪舞曲』の音楽も担当。
音楽以外の活動としては、2005年3月公開の映画『ローレライ』にて小松春平役で俳優として映画出演している。
かつては原宿のブティック「CRIB」のスタッフでもあり、同店から発売されるTシャツとタイアップしたCDを製作するなどの活動も行っていたが、2007年春に活動休止となった。
大学時代はテニスサークルに所属していた。
サッカー好きであり、KICK THE CAN CREW時代からのスタッフ等で構成されるサッカーチーム「東京忍者」の代表でもある。好きな選手はリカルド・クアレスマで、JUMP ON IT という曲中で歌詞にしている。ツアー中、ホテルでしばしばウイニングイレブンに興じていることもブログにて明かしている。
両親と姉がいる。
KICK THE CAN CREWとして活動をしている時から、妄走族の般若に何度もDISられるが、KREVA自身は一度もアンサーを返していない。
(wikipedia引用)
PVどうでしたか?
良かった場合は拍手またはランキングクリックお願いしますm(__)m
>>音楽ランキング>>にほんブログ村音楽ランキング
※歌詞は下で検索してください
>>見れなかった場合はこちら
>>見たいPVがなかったらここで見つかるかも?
-PR-
月刊桜坂通信
ペットフードの杜
100円ショーケース! by yahoo!オークション

「KREVA」のamazon関連商品




「KREVA」の感想など自由にお書きください♪

アーティスト名または曲名をコピーして貼り付け検索してください。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakuyasu.blog98.fc2.com/tb.php/417-ddeaf269













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。