スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション、漢字表記「亜細亜的功夫世代」、中国語表記「亞洲的功夫世代」)は、日本の4人組ロックバンド。略称「アジカン」。所属レコード会社はキューンレコード。いわゆる下北系と呼ばれるロックバンドの代表格である。


>>PVはこちら




後藤正文(Vo&G)、喜多建介(G&Vo)、山田貴洋(B&Vo)、伊地知潔(Dr)の4人編成。
CDジャケットは、全て中村佑介のイラスト(自主制作盤を除く)。
メンバーは、アジカンだけでなく、他の音楽も聴くことを勧める。公式ファンクラブを持たないのも、その一環であるとされる[要出典]。ラジオでは、他バンドの音源、特に洋楽を多く流す。
台湾にて“亜細亜的功夫世代”としてもCDをリリースしている。アジアやアメリカなどにも広まり、アメリカでは、日本からの輸入CDを扱うレーベルにCDリリースを所望する運動がネット上で起こり、結果『ソルファ』が『Sol-fa』というタイトルでアメリカでリリースされた。
バンド名の由来は、後藤が好きだったthee michelle gun elephantが、英単語を3つ使用している事から「3つ単語を使おう」と思い立ち、考えた末に「ASIAN KUNG-FU GENERATION」で決定。「海外の人たちが読んで驚くような名前」という意味も込められている。“カンフー”は、後藤がカンフー映画好きだから。このバンド名はOASISのノエル・ギャラガーからは「クソ素晴らしい」バンド名だとの評価を受けている[要出典]。略称は「アジカン」。椎名林檎はアジフーと呼んでいるらしい。文字媒体では「AKG」または「AKFG」と称される事もある。ちなみに、「ゴーゴーシーチキンボーイズ」というバンド名の候補もあった[要出典]。後藤は「シーチキン」という語呂がツボにはまったらしい。
発表されている作品の歌詞はすべてボーカルの後藤正文によるもの。日本語のみで綴られた、情景描写と心理描写を巧みに駆使した抽象度の高い歌詞が特徴である。歌詞の一人称は「僕」、二人称は「君」である。(インディーズ時代の音源では、全編英語詞の楽曲も存在する)。
作曲もほとんどが後藤の手によるものだが、他のメンバーが作曲に関ることもある。また、曲を作ったメンバーが歌も歌えばいいという方針であり、喜多が作曲した「嘘とワンダーランド」では、後藤ではなく喜多がメインボーカルを担当している。
マネージャーの通称は「キャッツ」。
デビュー以降「崩壊アンプリファー」~「フィードバックファイル」までの5枚のアルバム全ての名前に「ファ」が付いている、とファンの間では多々指摘されるが、特に意味は無い。また、6枚目のアルバム「ワールド ワールド ワールド」、2枚目のミニアルバム(7枚目のアルバム)「未だ見ぬ明日に」のタイトルには「ファ」は付いていない。



~アジカンの詳しい内容は続きを読むへ~


>>PVはこちら



後藤正文(ごとう まさふみ、1976年12月2日-)
ボーカル&ギター担当。ほとんどの曲の作詞と作曲を手掛ける。静岡県島田市出身。愛称「ゴッチ」。元スケルトンズ。
関東学院大学経済学部(二部)卒業。
2007年9月22日付の日刊スポーツにて既婚であることが報道された[1]。この件について報道された後に、本人は自身の日記で「以前、インタビューで友達のことを話し、その内容で周りの人たちを傷つけてしまったことがあったので、プライベートなことについては黙秘を貫きたい」と、肯定も否定もしないコメントを発表した[2]。
好きなアーティストは、レディオヘッド、ウィーザー、イースタンユース、ナンバーガール、奥田民生など。
かつては今ではあまり見かけないギブソンのマローダーをメインギターとしていたがパワー不足などの理由で近年のライブやレコーディングではほとんど用いられなくなった。しかし今でもPVでの演奏シーンではマローダーを使用し続けており愛着がうかがえる(マローダーは2、3本を所有しているという)。
最近のライヴでは主にギブソンのレスポールのSpecial(黄色、赤色(2本))やJr(赤色 主に半音下げ時使用、他にジョンレノンモデル)を使用している。またレスポール・スタンダード、ギブソン・ハミングバードも稀に使用するようだ。最近フェンダーのテレキャスターを手に入れた。最初に手に入れたギターはメーカー不明のテレキャスタータイプだったという。
デビュー当時はローランドJC-160(現在は製造されていない)を使っていたが、P-90搭載のギターを使うようになってからは、フェンダー・ツインリヴァーブとフェンダー・バイブロキング(Vibro King)を使って演奏している。
ニュー・オーダーの「クラフティー」の日本語版の作詞を担当した。
ぴあでコラムの連載を持っていたことがある。内容は五十音に合わせてテーマを毎回決め、後藤がロックやプライベートについて語るもの。連載終了後には1年に及ぶ連載をまとめ、新たにメンバーとの対談模様なども加えた書籍、「ゴッチ語録 GOTCH GO ROCK」を発表している(ISBN 4835616138)。
公式サイトの日記は彼が手がけており、日々のレコーディングの記録や雑感、一日の出来事、ミーティングの様子も事細かに書かれている。2003年7月には、CDがコピーコントロールCDの一種「レーベルゲートCD」で出されることに反対する文章が書かれた。日記のタイトルにしりとりなどの法則をつけていた時期があった。
眼鏡がトレードマークであり、スタルクアイズの眼鏡(6万円)を着用している。自称「眼鏡を外すと男前」。(プライベート以外で)眼鏡を外すことは滅多にない。
中学・高校時代は野球部に所属しており、野球に関しては専門書を持っているほど詳しいと自負している。
好角家であり、横綱白鵬関をとくに注目している。



喜多建介(きた けんすけ、1977年1月24日-)
リーダー。ギター、ボーカル担当。神奈川県横浜市出身。愛称「キタケン」「建ちゃん」「ケンスイ」「喜多建設」など。「喜多建設」とは喜多が酔っ払った状態のことである。
関東学院大学経済学部卒業。一時期、業務用冷蔵庫の販売をやっていた。
好きなアーティストは、マニック・ストリート・プリーチャーズ、スーパーグラス、レディオヘッド、ブラー、XTC、クリブスなど。
ギターはギブソンのレスポール・スタンダード(4本)、また、時にはフェンダーのテレキャスターをレコーディングで使用することもある。アンプはBognerのEcstasyを愛用している。 公式のライブでは未使用だが、たまにストラトキャスターを使用することもある。実際にアフターダークのレコーディングではストラトキャスターを使用しており、ライブではES-335を使用している。
声が高いため高音のコーラスを担当することが多い。
「ブルートレイン」から作曲に関わり始めた。「ワールドアパート」のカップリング「嘘とワンダーランド」では、後藤以外ではアジカン初のメインヴォーカルを務めた。またこの他にも、「永遠に」、「ネオテニー」、「融雪」などの作曲にも大きく関わっている。
メインで使っているギターに「生稲1号」という名前をつけている。



山田貴洋(やまだ たかひろ、1977年8月19日-)
ベース&ボーカル担当。静岡県富士宮市出身。愛称「山ちゃん」又は、「山さん」
関東学院大学文学部卒業。
好きなアーティストは、ビートルズ、オアシス、スマッシング・パンプキンズ、ペットショップボーイズなど。
ベースはフェンダーのジャズベース、プレシジョンベースを使用している。
メーカー不明 ジャズベース(遥か彼方、君という花PVで使用。水を浴びるため完全PV用。ダークブルー系?)
フェンダージャズベース62s(デビュー前から使用。PVでも活躍した。レイクプラシッドブルー)
フェンダージャズベース62s(詳細不明だがライブで使用。右下にアジカンのロゴステッカーが貼ってある。サンバースト)
フェンダージャズベース70s(リライトPVで使用。ビンテージ物かは不明。サンバースト)
フェンダープレシジョンベース59sカスタムショップ製(元はメインとして使用していたが今はサブ。2サンバースト)
フェンダープレシジョンベース59sカスタムショップ製(上のサブとして使用していたが今はライブで使用。ブロンド)
フェンダープレシジョンベース59s(詳細不明だが或る街の群青PVで使用。サンバースト)
フェンダープレシジョンベース60sマスタービルド製(デニス・ガニルカによる製作。ダークレイクプラシッドブルー)
フェンダーアメリカンDXプレシジョンベース(ストレイテナーの日向秀和もサブとして同じ物を使用。チェリーバースト)
「ループ&ループ」のPVの冒頭に出てくる「渋山貴光」の正体は彼である。
雑誌やプロモーション用の写真撮影の際、いつも同じ表情をする(本人曰く「写真うつりが悪いから」)。
書道は六段の腕前。グッズの袋にも彼の書いた文字が使用された事もある。
飲食店にて注文したものを自分のだけ忘れられたり、名前を「田中」と間違えられたりすることがよくある。




伊地知潔(いぢち きよし、1977年9月25日-)
ドラム担当。神奈川県鎌倉市出身。愛称は「潔」のほか「キヨポン」「伊地知乃親方」「ピーカン先生」「伊地知勝」など。元キャラメルマン。
関東学院中学校高等学校、関東学院大学工学部卒業。
好きなアーティストは、ブライアン・セッツァー、ハイスタンダード、ハスキング・ビーなど。
中学時代は全国レベルのマーチングバンド部に所属。本人曰く、「ここでドラムの手の基礎ができた」。
クリスチャンである。
「ラストシーン」の曲中で一部ノイズギターを、「月光」の曲中ではピアノを弾いている。
メンバーの中で唯一のメタル好きであるが、メンバーには理解されていない。また、他のメンバーと比べると、UKロックに関しては疎い。アッシュと対談した際もその話題になり、ティム(Vo,G)から「本当に君は、ヘヴィメタル・アクション・マンなんだな!」と突っ込まれた。
ドラムはすべてパール製を使用、現在はリファレンスを愛用中。次いでシンバルはすべてSabian製、現在はVaultクラッシュAA-MetalXライドAAチャイニーズAAスプラッシュそしてHHXマンハッタンジャズライドを愛用している。
後藤曰く、曲の構成は忘れやすいが、技術的にとても高いものを持っている。
パール楽器製造株式会社より、彼のサインと“ASIAN KUNG-FU GENERATION”ロゴの入った伊地知潔モデルのドラムスティックが発売されている。
(wikipedia引用)




PVどうでしたか?
良かった場合は拍手またはランキングクリックお願いしますm(__)m
>>音楽ランキング>>にほんブログ村音楽ランキング
※歌詞は下で検索してください
>>見れなかった場合はこちら
>>見たいPVがなかったらここで見つかるかも?
-PR-
月刊桜坂通信
ペットフードの杜
100円ショーケース! by yahoo!オークション

「ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)」のamazon関連商品




「ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)」の感想など自由にお書きください♪

アーティスト名または曲名をコピーして貼り付け検索してください。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakuyasu.blog98.fc2.com/tb.php/404-f5430d8f













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。