スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スピッツ

スピッツ(SPITZ)は、1987年に結成された日本のロックバンド。1991年デビュー。

~PV~
>>PVはこちら

ドノヴァンを意識したアコースティックギターと、ストローク・アルペジオを主体とするエレクトリックギター、安定感のあるリズムといった演奏スタイルを基本に、ボーカル草野マサムネの書く日本語を重視したシュールな歌詞と、歌謡曲の影響を受けたメロディー、そして草野の清涼感のある歌声が特徴。

スピッツはドイツ語で「尖っている」「辛らつな」という意味を持つ。バンド名の発案者は草野。彼が「s」に「p」が続く単語(「special」や「crispy」など)が好きであったことから、辞書片手に探し、「spitz」という単語が気に入ったことから命名された(草野は高校時代からこのバンド名を使いたがっていたが、それまで一緒に組んできたバンドのメンバーからはことごとく反対されたという)。なお、「スピッツ」は英語風の発音に基づいていると思われる(本来のドイツ語発音では「シュピッツ」となるべき)。また、結成当初はパンクバンドであったことから(後述)、「小さいくせによく吠える」(昭和時代に人気があった愛玩犬種日本スピッツが、小さいのにキャンキャンとよく吠えることから)という意味も込めている。

ちなみに、スピッツのファンクラブ名「spitzbergen(スピッツベルゲン)」は、北極海に実在するノルウェーの島の名前「spitsbergen」からとられた。

メンバー全員が美術系学校に在籍経験を持つ。草野と田村は東京造形大学(草野は後に東京造形大を退学、武蔵野美術大学に編入学する)、三輪と崎山は文化服装学院。また、三輪と田村は中学時代の同級生である。

1995年、シングル『ロビンソン』がミリオンセラーとなり、ブレイク。その後、『空も飛べるはず』『チェリー』もミリオンヒット、一躍有名となる。これらの楽曲のイメージから、「癒し系バンド」「王道ポップスバンド」という認識が一般的となるが、メンバー全員がそれぞれバンドを始めたきっかけがハードロックであったことから、もともと彼らはロックフリークであり、自分たちのアイデンティティはあくまでもロックバンドとしている。事実、シングルのカップリングやアルバム収録曲の中には、ギターを歪ませたハードな曲やアップテンポな曲も多く、また、ファンクや変拍子、ブレイクビーツ、沖縄民謡などを取り入れた個性的な楽曲もあり、一般的なバンドのイメージとは違った遊び心も持ち合わせている。メンバーは自分たちの音楽を「ロック歌謡」とも呼んでおり、また、「常に時代の流れに対抗した『邪道』でいたい」とも語っている。

Aメロの次がサビであったり、歌い終わると同時に演奏が終わるといったシンプルな構成の楽曲が多い。これは、業界で言われているヒット曲の法則に対抗したものである(「チェリー」がその最たる例であるが、同曲はノンタイアップでミリオンヒットした)。

ライブは観客との距離を考慮し、コンサートホール以上の会場では単独公演を行なわないことをポリシーとしている。これについては、ブレイクした後のコンサートツアーで、草野が「武道館では、ライブをやる気が無い」とステージで公表している(尚、本人はこの発言について、「やりたくないとは言ったけど、今はやりたくないだけであって、『今後一切やらない』とは言ってない」との発言もしている)。

メンバー全員がテレビ出演を苦手としている上、バンド活動との両立の問題から、メディア露出は少ない。音楽番組以外のバラエティー番組、ドラマ、CM等の出演歴が無いのはもちろん、年末年始は活動をしないという理由から、レコード大賞や紅白歌合戦への出演歴も無し。

メディア露出は少ないが、活動休止をしたことは一度も無い。リリースやライブツアーが無いときでも、普段からスタジオ入りすることが多く、1987年の結成以来、最長の休みは2ヵ月程度。
(Wikipedia引用)

>>PVはこちら




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakuyasu.blog98.fc2.com/tb.php/361-359ab006













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。