スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

UVER world

UVERworld(ウーバーワールド)は滋賀県出身の5人組ミクスチャー・ロック(ブラインドック・闇鍋ロック)バンドである。レコード会社は、ソニー・ミュージックレコーズに所属。バンド名は、自分達の世界をも越える(ドイツ語 über と英語 over を合成した造語)という意味。
(Wikipedia引用)

~UVERworldの詳しい内容は続きを読むへ~

>>PVはこちら

TAKUYA∞(たくや):Vo.&Pr.
1979年12月21日 -
ボーカル・プログラミング担当。ほぼ全ての曲の作詞・作曲を担当(TAKUYA∞+メンバー、の場合もある)。本名は清水琢也。「人に聞かせられないようなダサイ曲を創る」ことが趣味で、『浮世CROSSING』のカップリング曲『energy』はもともとそのような曲として創っていた。両親の仕事の関係で大阪府から滋賀県に引っ越し、滋賀の幼稚園で後の「UVERworld」のベーシスト、信人と出会うが、会ったその日に大喧嘩を繰り広げた。しかし、その後は大親友となり、いつも一緒に遊んでいた。中学生の時、学園祭に出演したTAKUYA∞の姉がボーカル、信人の兄がベースをしているバンドに刺激を受け、自分をバンドをしてみたいと思い、信人と、もう一人の友人を誘いバンドを結成した。しかし全員がギターで楽器を持っていなかったため、3人エアギターでライブを披露した。中学卒業後、TAKUYA∞は「音楽で飯を食っていきたい」と高校には行かずに音楽活動に専念した。20歳の時、信人と、後の「UVERworld」のギタリスト 克哉を誘い新バンドを結成した。その後、ドラマーの真太郎、ギターの彰、ツインボーカルの一人、サックスのセイカを誘い「sound極road」を結成しインディーズで活動。バンド名を『UVERworld』に改名しメジャーデビュー。ちなみに、彰とは家が向かいで目を瞑ってもお互いの家に行けるらしい。2006年に公務執行妨害で逮捕されて、応援してくれてるファンの人たちへの感謝と謝罪を込めて『凛句』を作曲する。バンドではボーカルのみを担当しているが、ギター、ベース、ドラム、ピアノなどの楽器を弾くことができる。尊敬する人は「tick」に所属していた「Reigo5」である。好きな言葉もReigo5がTAKUYA∞に言ってくれた「願い続ける想い、いつか色付く」であり、UVERworldの4thシングル『Colors of the Heart』の歌詞にも、その言葉が登場する。また、「Reigo5」の曲の『志-kokorozashi-』という曲もカバーしている。他のメンバー同様に本名を非公開としていたが、前述の事件で記事などに本名が掲載された。ただ、Reigo5の家族のブログなど苗字で紹介されることもあるため、あながち隠してるわけでもないようである。血液型は、自宅出産であったこともあり、自分でも分からない。
克哉(かつや):G.&Ch.
1980年2月22日 -
ギター・コーラスを担当。現在の「UVERworld」のリーダーを務めている。保育園の頃にTAKUYA∞が克哉の保育園に引っ越した時にTAKUYA∞と出会っており、一緒に遊んだりしていた(しかし当のTAKUYA∞はあまり克哉の事は覚えていないらしい)。姉がギターをやっていたことがきっかけで音楽に興味を持つようになる。20歳頃にTAKUYA∞に誘われ信人と一緒にバンドを組む事になる。ギターは主にポール・リード・スミス(PRS)を使う。
彰(あきら):G.&Ch.
1984年3月8日 -
ギター・コーラスを担当。髪の毛が長く、染めており現在は髪をオレンジに染めている。真太郎とは同級生で、TAKUYA∞とは家が向かい同士で目を瞑ったままでも行き来できる程ご近所だった。地元で「上手いギタリストがいる」と有名だった。結成直前に、TAKUYA∞から「バンド入ってくれへん?」と直々にスカウトの電話が来て、彰は「いいっすよ」と即答した。バンドに入った当初は、性格上「うるさいのが苦手」でなかなか溶け込めなかった。飛行機嫌いでライブで移動の際はよく陸路を利用するらしい。曲作りの際に、TAKUYA∞と一緒に作曲を担当する事も少なくない、実際に彰のおかげ出来上がった曲も多い。ギターは克哉と同じくPRSを主に使用する。アメリカのガールズ・ロック・シンガー「BECCA」のシングル『I'm ALIVE!』(MBS・TBS系アニメ『黒執事』オープニングテーマ)、デビューアルバム『ALIVE!!』の収録曲『Better Off Alone』『Without You』のギターを担当した。
信人(のぶと):Ba.
1980年2月14日 -
ベースを担当。中学校の文化祭で兄がベースを弾いているのを見たことがきっかけで音楽に興味を持った。TAKUYA∞とは幼稚園からの幼馴染み。出逢って当初にTAKUYA∞に坊主頭を「ハゲ」と言われ、縄跳びの縄で殴りあうという大喧嘩をやってのけた。その後は前出の通りTAKUYA∞とは大親友でい続け、中学卒業後、バンドを結成した。自身、勝手にプロデューサーを名乗り、色々と提案してはメンバーを困らせていた。しかし、自動車免許取得合宿で県外に出ている間に、TAKUYA∞が真太郎をスカウトし、信人だけ外されたまま違うバンドが結成された。合宿中の信人にTAKUYA∞から電話があり、「俺今バンド組んでいる」と連絡を受けた。免許を取得して滋賀県に帰ってすぐ、TAKUYA∞にライブの誘いを受け、腹を立てながらも最前列で見た。そのバンドの印象は「めちゃくちゃカッコ良かった」。その後、TAKUYA∞に頼み込んでメンバーに加えてもらう事になった。メンバーの中でもTAKUYA∞とは特に仲が良く、暇な時は一緒に遊びに行くなどしている。バンドメンバーに加入するまで大工のバイトをしており、その給料で楽器を購入していた。
真太郎(しんたろう):Dr.
1983年11月5日 -
ドラムスを担当。彰とは同級生で昔から仲が良かった。住んでいた場所が、周りを山に囲まれた田舎だったらしい。小学校の頃は野球部に入っていた。地元で「上手いドラマーがいる」と有名で、TAKUYA∞はその腕前を甚く気に入り、彰と同様にスカウト。克哉と4人でバンドを組む(後に信人も加わる)。1stアルバム『Timeless』発売ごろまでブレイズという髪を編みこんだ髪型をしていた。ファンレターはメンバーの中でも特に少なく少ない時で2通しか届かない事もあったが、ラジオ番組『RADIO SESSIONS』での収録での問題発言(下ネタ)により、ついにファンレターが1通になってしまった。真太郎本人は問題発言したつもりは無いと語っている。
(wikipedia引用)
PVどうでしたか?
良かった場合は拍手またはランキングクリックお願いしますm(__)m
>>音楽ランキング>>にほんブログ村音楽ランキング
※歌詞は下で検索してください
>>見れなかった場合はこちら
>>見たいPVがなかったらここで見つかるかも?
-PR-
月刊桜坂通信
ペットフードの杜
100円ショーケース! by yahoo!オークション

「UVER world」のamazon関連商品




「UVER world」の感想など自由にお書きください♪

アーティスト名または曲名をコピーして貼り付け検索してください。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakuyasu.blog98.fc2.com/tb.php/151-81c15ab8













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。