スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケツメイシ

ケツメイシは、男性4人で構成されるヒップホップグループ。1993年(平成5年)に結成され、1996年(平成8年)に現在のメンバーで新たに発足して活動を開始した。所属レコード会社はトイズファクトリー。



~PV~

>>PVはこちら

Ryo(りょう 本名:田中 亮 1972年11月26日 - )MC担当 神戸市生まれ。2歳の時、東京都港区白金に移り住む。獨協高校、東京薬科大学卒業。最年長であり、影のリーダーとも言われる。かなりのラーメン好き。メジャーデビュー前に結婚、2人の子供がいる。父親は順天堂大学名誉教授、心臓血管外科学医の田中淳。父親はかなり厳しいらしく、今でもRYOは父親との会話は敬語。
Ryoji(リョウジ 本名:大塚 亮二 1974年12月14日 - )Vo担当 神戸市灘区生まれ、東京都八王子市育ち。現在の妻はタレントの石川亜沙美。2006年7月13日に石川亜沙美とできちゃった結婚。Ryojiは2度の離婚を経て3度目の結婚。2007年1月23日午前3時頃、東京都内の病院で第1子となる男児が誕生。
大蔵(ダイゾウ 本名:吉田 大蔵 1976年3月14日 - )MC担当 ケツメイシのリーダーである。兵庫県 神戸市東灘区生まれ、神奈川県横浜市育ち。東京薬科大学卒業。2004年には元モデルの浮田佳奈と結婚。浮田は『よる☆かぜ』のPVに出演。2005年03月09日に第1子誕生、2006年6月29日に第2子が誕生。
DJ KOHNO(ディージェイ コウノ 本名:河野 健太 1977年6月28日 - )DJ担当 広島県廿日市市出身。2003年に結婚。2006年6月に第1子(長女)、2007年2月4日に長男が誕生。「家族が4人になった」とブログに掲載されていた。


グループ名の由来は、中国で古代より下剤などに使用されている薬草「決明子(けつめいし)」で、薬草の効用になぞらえて「全てを出し尽くす」という意味が込められている。メンバーの中の2人は東京薬科大学出身で、薬剤師免許も取得しており、外資系の製薬会社の勤務歴もある。またメンバーの2人は兵庫県神戸市出身で、神戸市中央区の神戸国際会館で開かれたライブでは「地元に帰ってきて嬉しい」と神戸のファンにメッセージを送った。ライブでは下ネタ混じりのMCが好評であり、最初は笑わせて最後は泣かすとの定評がある。
(wikipedia引用)


~ケツメイシの詳しい内容は続きを読むへ~

>>PVはこちら




1993年に「ケツメイシ」として活動を開始。
トヨタ自動車の運営サイト「GAZOO.com」のCMにてTV初出演。使われた楽曲は『こっちおいで』。
NHKから2005年の「紅白歌合戦」への出場を依頼されるが、辞退した。
アルバムとDVDのジャケットは全て、沖縄県の首里城で撮影したものである。ケツメイシのメンバーがケツノポリスのジャケット撮影の前日に飲みすぎて二日酔いになり、階段を上れなかったために階段の下での撮影となっているらしい。またジャケットの右下の撮影日付の部分がそのCDやDVDの発売日になっている。
ミュージックビデオは、著名人や俳優を起用したものが多い。
有名人にもファンが多く、石川亜沙美(現在はRyojiの妻)、ベッキー、島谷ひとみ、上戸彩、安田美沙子、安田大サーカス、サッカー選手の大黒将志、田中達也、平川忠亮、アンタッチャブルの柴田英嗣などが有名である。柴田英嗣がプライベートで後輩の芸人達と組んでいるシバメイシとは番組の中でも共演をするなど交流も深い。
その中でも田中達也はRYOの大ファンらしく、子供が男の子だったら亮と名付けようとしてたらしい。実際は女の子だった。また広島東洋カープの梵英心は人気プロ野球雑誌プロ野球aiの中で「気分転換にケツメイシを聴く」、「ケツメ歌いますよ。ラップの部分は歌いません。」などと発言している。
ライブツアーは過去4回全て、沖縄でファイナルを迎えている。
ライブで販売されるTシャツは「ケツT」と呼ばれ、デザインが良いためファンからは普段も着るほど愛用されている。胸や背中にKTMと書かれているのが特徴。
ツアーのグッズはチケットを持っていなくても購入できる。
ライブでは『はじまりの合図』で始まるのがお決まりで、最後に『ビールボーイ』を歌うことが多い。しかし、『はじまりの合図』発売以降、『春だ二晩!ケツメイシ祭り!二日間だけお願いやらせて!』というライブでの二日間だけ『痔持ち一代』で始まった。
『ドキッ!! オヤジだらけの歌合戦 目指せ金メダル 2008 ポロリもあるよ!? 』では、『歌謡い』で始まり、『カーニバル』で締めくくられた。これまでのツアーでは歌われていた『はじまりの合図』『ビールボーイ』を歌わなかったツアーはこれが初めてである
ライブではアンコールの代わりに、会場のファンが『もっと』を歌うことがお決まりである。
『よる☆かぜ』は、香港の歌手陳冠希(エディソン・チャン)に『陳冠希edison夜風』というタイトルでカヴァーされ、台湾で1位になった。
『トモダチ』は、「若者の心を打つアーティスト、歌詞」として現代社会の教科書に載り、紹介されたことがある。
『幸せをありがとう』はDJ KOHNOの結婚を祝って他のメンバーが「アルバム作成合宿(沖縄)」で極秘に作った曲だが、結婚式までに完成が間に合わなかった。結局結婚式当日は、メンバーでかくし芸を披露した。
ライブは缶ビールを飲みながら行う。大蔵の一気飲みは早くて有名である。
大蔵はライブでよく「頑張っている自分に拍手!!」と言う。
大蔵は鍼灸師・薬剤師、RYOは薬剤師の資格を持っている。
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に4回参加している。
RYO以外のメンバーはサッカーが好きで、「ケツメイシFC」というフットサルチームを作り活動している。
RYOは2000年に脱サラ。
(wikipedia引用)
PVどうでしたか?
良かった場合は拍手またはランキングクリックお願いしますm(__)m
>>音楽ランキング>>にほんブログ村音楽ランキング
※歌詞は下で検索してください
>>見れなかった場合はこちら
>>見たいPVがなかったらここで見つかるかも?
-PR-
月刊桜坂通信
ペットフードの杜
100円ショーケース! by yahoo!オークション

「ケツメイシ」のamazon関連商品




「ケツメイシ」の感想など自由にお書きください♪

アーティスト名または曲名をコピーして貼り付け検索してください。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakuyasu.blog98.fc2.com/tb.php/147-99c17214













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。