スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SEAMO

SEAMO(シーモ、1975年10月31日 - )は、愛知県一宮市出身のラッパー。シンガーソングライターでもある。名城大学附属高等学校卒後、愛知学院大学文学部宗教学科卒。血液型はA型。本名及び作詞・作曲のクレジットは 高田 尚輝(たかだ なおき)。ただし"Naoki Takada"とローマ字表記することが多い。



~PV~

>>PVはこちら

以前はシーモネーター(下ネタ。ターミネーターのパロディ)という名前で、ライブでは海パンに天狗のお面を着けるというスタイルでギャグも交えたラッパーとして活動していたが、「シーモネーターとしての活動はやりつくした」ということでレコード会社移籍を期に「SEAMO」に改名した。愛称は「塾長」。

汗かきな体質なのかステージ上でのパフォーマンス中、非常によく汗をかく。空手をやっていたこともあり、細いわりに筋肉が引き締まっており「良い身体」をしている。

同じ名古屋出身のHOMEMADE家族、Nobodyknows+ やギャングスタ系の"E"qualや故TOKONA-Xとも親交があった。

シーモネーターとして一度NHKのポップジャムに出演時はジャンプスーツを使用した。

どうしても自分を大きく見せがちなラップにおいて、背伸びしない、等身大の作詞を心がけている。作詞の際には普通のJ-POP曲の歌詞も参考にしているそうだ。「浪漫飛行」や「関白宣言」などJ-POPのリメイクを何度かリリースしているのもその表れと言えるだろう。

歌唱力はゼロに等しく、自身も歌唱力のなさを認めている。ライブ音源は聞くに堪えない。

原点のストロングスタイルはダンス甲子園に出演していた山本太郎が影響している。

2005年3月、シングル「関白」でソロデビュー。2006年、シングル「マタアイマショウ」「ルパン・ザ・ファイヤー」のヒットで一躍注目を集め、同年のNHK紅白歌合戦に初出場を果たした。

セカンドアルバム『Live Goes On』が2006年10月2日付オリコン週間アルバムチャートで初登場1位を獲得した。これは日本のHIPHOPソロアーティストとしては、KREVAの愛・自分博に次ぎ、2番目の快挙である。

愛知出身で、現在も名古屋在住ということもあり、プロ野球中日ドラゴンズの大ファン。最も好きだったのは今中慎二投手。2007年からはCBCテレビのドラゴンズ中継『ザ・プロ野球 燃えよドラゴンズ!』のオープニングテーマとして2BACKKAとのコラボ作「Rising Dragon」が起用された。同年4月1日の中日対ヤクルト戦(ナゴヤドーム)の始球式も務める。

サッカーも地元である名古屋グランパスエイトを応援。

愛知県を中心に展開する弁当チェーンベントマンのCMソングを歌っているのは、当時はシーモネーターとして活動していたSEAMOである。

趣味は競馬で、最も好きな馬はオグリキャップである。笠松から中央競馬に挑戦したこの馬に共感したというエピソードがある。

またグラビアアイドル好きで細かい動向をチェックしているらしく、2007年5月放送のフジテレビ系「魁!音楽番付」に出演した際、対談インタビュー相手の元競馬キャスター杉本清を相手に「お気に入りのグラビアアイドル」として白鳥百合子の名前を挙げている。また同番組中には「グラビアアイドル、サラブレッド、スポーツカーはSEAMOの3代セクシー」とも発言している。

外見が温水洋一に酷似していて、最近では歌う姿がもっぱら俳優の阿部サダヲに似ていると噂されている。
(Wikipedia引用)

>>PVはこちら




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakuyasu.blog98.fc2.com/tb.php/142-e3f33cfa













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。