スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

aiko

aiko(アイコ、1975年11月22日 - )は、日本のシンガー・ソングライター。本名:柳井 愛子(やない あいこ)。身長は152cm。足のサイズは21.5cmと小柄、趣味・好きなスポーツは水泳やドライブ、入浴、マンガなど。大阪府立東淀川高等学校、大阪音楽大学短期大学部ポピュラー・ヴォーカル学科卒業(1996年)。通常の表記は小文字でaikoだが、作詞・作曲の欄には大文字でAIKOである。ニックネームがたくさんあり、「ウタウイヌ」、「歌う前髪一直線」、「黒豆アイコ」等。



>>PVはこちら



1996年、FM OSAKAにてDJとして活動を始める。

1997年、インディーズ1stアルバム『astral box』をリリース。

1998年、シングル『あした』でメジャーデビュー、映画『新生トイレの花子さん』主題歌に起用され、関西のFMラジオを中心に話題を集めた。初のワンマンライブ『LOVE LIKE POP!』を江坂ブーミンホールにて開催する。

1999年、シングル『花火』がヒット、19週間のチャートインを記録。さらに『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に初出演を果たした。また、全国各地のFM局のヘビー・ローテーションに選ばれ、自らを「恋愛ジャンキー(中毒)」と呼ぶほどに女性の恋心を綴った詩や、大阪弁でのトークやファッションが注目され、徐々に知名度を上げ始めた。そして現在に至る。

2000年、2枚目のアルバム『桜の木の下』ではオリコンチャート最高位1位を獲得(初登場2位)、総売り上げも140万枚(オリコン調べ)という大ヒット歌手となる。また、同年にリリースされた『ボーイフレンド』は売り上げ枚数52万枚、初登場2位の自己最高記録を作り、その年の『NHK紅白歌合戦』に初出場した。

2001年、コンサートツアー『LOVE LIKE POP Vol.6』をスタートさせるも、声帯結節急性咽頭気管炎を患い、公演の一部を延期したが、東京国際フォーラムでの追加公演を最後に無事ツアーを終了させる。

2002年、ロックアレンジでのライブハウスツアー、『LOVE LIKE ROCV Vol.1』を東京、名古屋、大阪にて全6公演を開催する。

2003年、aiko本人出演の初CM、『グリコ カフェオーレ』が全国でOAされる。また、8月30日初の野外ゲリラライブ『LOVE LIKE ALOHA Vol.1』を江ノ島片瀬海岸にて開催、10月31日には、関東では初となる学園祭ライブを青山学院大学青山祭で開催する。

2005年、aiko本人初のアーティストブック『aiko bon』をソニーマガジンズより発売。今まで語られることの少なかった、生い立ち、青春時代、デビューまでの経緯が赤裸々に語られた。

2006年、オリコン好きなアーティストランキングでは二年連続で1位に輝き、8月30日茅ヶ崎サザンビーチちがさきで行われた野外ライブ『LOVE LIKE ALOHA Vol.2』では公式サイトのみでの告知にもかかわらず約2万5千人を動員した。同年9月には人気バラエティ番組の笑っていいとも!にアンガールズの紹介により初出演した。
(wikipedia引用)





>>PVはこちら










コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakuyasu.blog98.fc2.com/tb.php/141-9f0b7560













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。