スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GOING UNDER GROUND ダイアリー PV 歌詞


2003年5月7日発売
メジャーデビュー後5枚目のシングルである。ジャケットイラストは宮尾和孝が担当。
当初はCCCD盤として発売されていたが、2007年12月19日にCD-DA盤で再発売され、CCCD盤は廃盤となった。
初回盤には、『ダイアリー』のビデオクリップがCD-EXTRA仕様で収録されている。
丸大食品TVCMアテネオリンピック応援ソング。CMには谷亮子が出演した。テレビ埼玉『REDS TV GGR』エンディングテーマ(ゴーイング側が起用を直訴した)。
PVには、ビールかけのシーンに、ゴーイングファンであるX-GUNの西尾季隆が出演している。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら
~「GOING UNDER GROUND ダイアリー PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】
スポンサーサイト


GOING UNDER GROUND TWISTER PV 歌詞


2007年6月13日発売
メジャーデビュー後16枚目(通算19枚目)のシングルである。
初回盤にはCD-EXTRA仕様で『TWISTER』のビデオクリップと横浜BLITZでのライブ映像が収録されている。
PV撮影は神奈川県三浦市の長浜海岸や海南神社などで、27時間連続して行われた。PVでは1番のAメロと最後のサビの一部分が省略されている。
SPACE SHOWER Music Video Awards2008ノミネート作品。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら

~「GOING UNDER GROUND TWISTER PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


GOING UNDER GROUND 初恋 PV 歌詞


2008年3月19日
メジャーデビュー後18枚目(通算21枚目)のシングルである。初のカバー曲でのシングルリリースとなり、収録曲3曲全曲がカバー曲となっている。PVとジャケットにはCMソングに起用された「白いなっちゃん」に出演している堀北真希が起用された。前作「さかさまワールド」のおよそ2倍の初動売り上げを記録した。
村下孝蔵の1983年のヒット曲である「初恋」のカバーである。
元々は配信限定だったのだが好評だったためシングル化された。
サントリー「白いなっちゃん」のCMソング。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら


~「GOING UNDER GROUND 初恋 PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


GOING UNDER GROUND 胸いっぱい PV 歌詞


2007年3月21日発売
メジャーデビュー後15枚目(通算18枚目)のシングルである。『VISTA/ハミングライフ』からおよそ10ヶ月ぶりのシングルリリースとなった。
ジャケットの写真は、全力疾走している松本素生。
初回盤にはCD-EXTRA仕様で「胸いっぱい」のビデオクリップと「PARADE」(未発表曲)のライブ映像が収録されている。
ビデオクリップのダンスの振り付けは西城秀樹「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」などで知られる一の宮はじめ。
合宿でのセッションで形作られた曲である。曲のアイデアは中澤寛規が何気なく弾いていたフレーズから。
テレビ東京系『世界卓球2007』テーマソング。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら

~「GOING UNDER GROUND 胸いっぱい PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


GOING UNDER GROUND アロー PV 歌詞


2001年3月10日発売
インディーズ時代最後のシングルである。プロデューサーは上田ケンジ。ジャケットイラストは宮尾和孝が担当。
このジャケットが宮尾にとっての商業デビュー作である。
NHK-FM放送『ミュージックスクエア』エンディング・テーマ(2001年2月-3月)
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら
~「GOING UNDER GROUND アロー PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


GOING UNDER GROUND サンキュー PV 歌詞


2004年9月22日発売
メジャーデビュー後8枚目(通算11枚目)のシングルである。ジャケットは写真画像で、メジャーデビュー以来初めて宮尾和孝がジャケットイラスト担当から外れた。
プロデューサーは上田ケンジ。
花王ソフィーナAUBE(恋するハニカミ!限定60秒)CMソング。映画『彩恋 SAI-REN』挿入歌。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら
~「GOING UNDER GROUND サンキュー PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


GOING UNDER GROUND ランブル PV 歌詞


2002年7月10日発売
メジャーデビュー後4枚目のシングルである。ジャケットイラストは宮尾和孝が担当。アナログ盤も存在する。
松本曰く、自己最高の出来であるという楽曲。
曲名は、映画『ランブルフィッシュ』から。ただし、松本はこの映画を観たことが無かった。2008年のツアー「目を閉じて君を想う時は」では後にカバーした「初恋」をモチーフにしてこの曲を作ったと発言した。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら

~「GOING UNDER GROUND ランブル PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


GOING UNDER GROUND ハミングライフ PV 歌詞


2006年5月3日発売
メジャーデビュー後14枚目(通算17枚目)のシングルで、両A面シングルである。
現在のところ、(カバーシングルである)『初恋』を除いて、松本素生が作詞・作曲に参加していない唯一のシングル作品及び唯一のオリジナルアルバム未収録シングルである。
CD-EXTRA仕様で「アルバム『TUTTI』全曲ハイライト・メドレー」が収録され、さらに初回盤には「武道館への道」と題されたクリップが収録されている。他には、上野三樹による「『TUTTI』全曲レビュー」が封入されている。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら

~「GOING UNDER GROUND ハミングライフ PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


GOING UNDER GROUND STAND BY ME PV 歌詞


2005年5月18日発売
メジャーデビュー後11枚目(通算14枚目)のシングルである。
アサヒ飲料の人気商品『三ツ矢サイダー』とのタイアップの効果もあり、ゴーイング最大のヒット曲となった
ライブでの定番曲のひとつ。PVは女子フットサルチームを追った、ドキュメンタリータッチの異色作。
アサヒ飲料『三ツ矢サイダー』2005年度CMソング。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら
~「GOING UNDER GROUND STAND BY ME PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


GOING UNDER GROUND 同じ月を見てた PV 歌詞


2004年12月8日発売
メジャーデビュー後9枚目(通算12枚目)のシングルである。ジャケットは写真画像で、『サンキュー』に引き続き、宮尾和孝がジャケットイラスト担当から外れた。ジャケットにはカップリングのサムネイルと両A面で表記されている。
松本がある女性のために書いた曲。PVには石原聡と女優の平良千春が主演した。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら
~「GOING UNDER GROUND 同じ月を見てた PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。