スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日之内エミ

日之内エミ (ひのうちえみ、1982年9月7日 - ) は、日本の女性シンガーソングライターである。本名: 日之内絵美 (読みは同じ)。大阪府出身。血液型O型。大阪府立少路高等学校出身。マネージメント事務所Artimageに所属。レーベルはVenus-B (キングレコード)。以前は本名で活動していたが、2007年にアーティスト名を日之内エミに改名した。

~PV~

O'Kay



4歳から14歳まで台湾で育つ。台湾から帰国後、大阪で結成されていたブラック・コンテンポラリーミュージックのバンド「ぶらんこ」に参加。 その後、m-floの☆Taku Takahashiが開催したオーディションに参加し、15歳の時に自ら作詞・作曲した曲「Painful」で見事勝ち抜いた。これにより、2002年11月20日、☆Takuの主宰する Tachytelic Records(avex) から「Magic/World」でデビュー。2004年頃から声帯結節を患ったこともあり[1]、1stアルバム『Dramatiques』(2003年) リリース以降は休養していたが、2006年に本格的に活動を再開させ、m-floを始めとするアーティストとのコラボレーションを精力的に行った。その後キングレコードのHIP-HOP、 R&BレーベルVenus-Bに移籍し、2007年5月16日には、移籍第1段シングル「O'kay」をリリースした。

歌唱力に対する評価が高く、☆Taku (m-flo) は「日本の宝、世界に聴かせる時も自信を持って紹介できる[2]」「日本の音楽シーンの未来に関わってくるレベル[3]」と絶賛している。
(Wikipedia引用)



スポンサーサイト


日之内エミ O'Kay PV

4歳から14歳まで台湾で育つ。台湾から帰国後、大阪で結成されていたブラック・コンテンポラリーミュージックのバンド「ぶらんこ」に参加。 その後m-floの☆Taku Takahashiが開催したオーディションに参加し、15歳の時に自ら作詞・作曲した曲「Painful」で見事勝ち抜く。これにより、2002年11月20日、☆Taku Takahashiの主宰する Tachytelic Records レーベル(avex)より「Magic/World」でデビュー。m-floやSOUL'd OUT等が所属するマネージメント事務所Artimageに所属する。最近ではソロでのCDの発売はしておらず、Artimage所属のアーティストらの楽曲にコーラスで参加する活動がメインになっている(Heartsdalesがセルフプロデュースを始めてからは実に10曲もコーラス参加をしている)。2004年8月30日ころ(詳しい日付は不明)に声帯結節になったが、現在は完治していると思われる。

余談だが、オーディション曲「Painful」はレコード会社をめぐる諸事情によりしばらくお蔵入りとなっていたが、後にシングルとしてリリースされた。

台湾時代の先輩には金城武、後輩には川島茉樹代がいる。
(Wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~
~「日之内エミ O'Kay PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。