スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

UVER world 哀しみはきっと PV 高画質 歌詞


TBS系連続テレビドラマ『小公女セイラ』の主題歌。
今作については、既に13thシングル「GO-ON」の初回生産限定盤の特典DVDに発売が告知されていた。
9thシングル「浮世CROSSING」以来のテレビドラマの主題歌となった。海外ドラマも含めれば前作の「GO-ON」から2作連続となる。
CDジャケットは前作「GO-ON」に引き続きUVERworldのオリジナルマークが採用され、初回生産限定盤は白黒写真で撮影されたスタジオの風景で、通常盤は背景に大木の絵が描かれている。

キャッチコピーは、『心のど真ん中は、自分でさえも奪えない。』
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら
※見つかりしたい更新いたします。
~「UVER world 哀しみはきっと PV 高画質 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】
スポンサーサイト


UVER world 儚くも永久のカナシ PV 歌詞



~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら

~「UVER world 儚くも永久のカナシ PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


UVER world just Melody PV


~PVを見たい人は続きを読むへ~
>>歌詞はこちら

>>ランキングへ
~「UVER world just Melody PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


UVER world ゼロの答 PV


~PVを見たい人は続きを読むへ~
>>歌詞はこちら

>>ランキングへ
~「UVER world ゼロの答 PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


UVER world 君の好きなうた PV 歌詞


~PVを見たい人は続きを読むへ~
>>歌詞はこちら

>>ランキングへ
~「UVER world 君の好きなうた PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


UVER world シャカビーチ~Laka Laka La~ PV


~PVを見たい人は続きを読むへ~
>>歌詞はこちら

>>ランキングへ
~「UVER world シャカビーチ~Laka Laka La~ PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


UVER world endscape PV 歌詞 高画質



タイトルの『endscape』とは単語を直訳すると「最後の風景」と意味が取れるが、本人たちの造語で「究極の景色」や「理想郷」という意味になるという。作品を通して前へ進む意欲を表現している。
初回限定盤には特典DVD、『地球へ…』描き下ろしワイドキャップステッカー・特製タロットカード付。
PVはUVERworldでは初のCGを使用し、またこれまでのUVERworldにはなかった白の世界観を見せている。監督はw-indsの「Long Road」や伊藤由奈の「Stuck on you」「losin'」などでメガホンを取った久保茂昭。
また、ボーカルのTAKUYA∞は「ゼロの答」の時には黒髪の短髪だったが、今作では金髪にしている。
タイトル曲「endscape」のアニメオンエアバージョン「endscape("地球へ・・・" version)」が着うたフル限定にて2007年4月27日より配信がスタートされた。
オリコンでは、デイリー初登場で2度目の3位を獲得している。ウィークリーでは初登場4位を獲得した。
(Wikipedia引用)


~PVを見たい人は続きを読むへ~
>>歌詞はこちら

>>ランキングへ
~「UVER world endscape PV 歌詞 高画質」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


UVERworld SHAMROCK PV

榮倉奈々主演ドラマ『ダンドリ。~Dance☆Drill~』主題歌、またその番外編ともいえるドラマ『青春★ENERGY ダンドリ娘』の主題歌、更には『music.jp』CMソングとしてオリコン初登場6位・自己最高初動4.4万枚を更新した。また、自身2作目の10万枚超。
この曲で自身2度目の『COUNT DOWN TV』に登場。
着うたは50万ダウンロード突破。
通常盤と初回生産限定盤の2タイプでのリリース。初回生産限定盤は、CDとDVDの2枚組である。
(Wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

~「UVERworld SHAMROCK PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


UVERworld Colors of the Heart PV

初回生産限定盤(CD+DVD)と通常盤(CD)の2種類でのリリース。初回生産限定盤はDVD付の2枚組で、「BLOOD+」の映像を収録したDVDと描きおろしステッカーが封入されている。ちなみに、どちらの盤も収録曲は同じ。
初のオリコン初登場3位(デイリーでは最高2位)を獲得。
また、今までリリースされた全シングル・アルバムのジャケットを飾っていたキャラクター"UVERちゃん"がこのシングルからは使われなくなり、今作以降のCDからはメンバーを絵柄にしたジャケットに替わった。
この曲で『ミュージックステーション』・『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に再び出演。『ミュージックステーション』では一番最後に曲を披露したため、曲披露の前の、タモリとのトークは無かった。また、『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』登場時には、真太郎以外のメンバーは松本人志に小玉、真太郎は大玉という苗字を付けられた。
(Wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

~「UVERworld Colors of the Heart PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


UVERworld D-tecnoLife PV

UVERworldの記念すべきデビューシングル。デビュー作にて強力タイアップがついた影響もあり、オリコン・デイリーチャートの初日では6位、ウィークリーチャートでもトップ5入りを記録した。また、三週連続トップ10入りをみせるなど、新人バンドながら、好スタートをきった。
今作が好スタートを切ったことについて、『BLEACH』の原作者・久保帯人は『週刊少年ジャンプ』の巻末コメントにて、自分も好きなアーティストだったので嬉しいといった旨の発言をしている。
『D-tecnoLife』のタイトルを提案したのは克哉。「D」はドライブ、「tecno」はテクニックをそれぞれ意味し、「カッコイイ人生を追い求める」という意味であるらしい。
NHK『ポップジャム』に曲のみながら出演し同曲を披露している。ちなみに、これがUVERworldのTV初出演であった。
この時はまだ、PVで克哉が眼鏡をかけている。また、彰はこの曲のPVを撮り直せるなら撮り直したいとラジオ等で語っている。
なお、アニメ『BLEACH』のオープニングでは最後に「きっと気づける時が来るだろ」から「いつか解りあえるから」とつながるのだが、その間にシングルバージョンには無い歌詞が追加されている。とあるファンサブには「You and me, two are spoken」となっているが、実際のところはわからない。バンド名にドイツ語と英語が使われていることからSpiegel(ドイツ語で鏡の意味)とも考えられる。
(Wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

~「UVERworld D-tecnoLife PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。