スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宇多田ヒカル Kiss&Cry PV


~PVを見たい人は続きを読むへ~
>>歌詞はこちら
~「宇多田ヒカル Kiss&Cry PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】
スポンサーサイト


宇多田ヒカル Beautiful World PV


~PVを見たい人は続きを読むへ~
>>歌詞はこちら
~「宇多田ヒカル Beautiful World PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


宇多田ヒカル Flavor Of Life PV


TBS系列ドラマ『花より男子2(リターンズ)』のイメージソング及び挿入歌であり、宇多田ヒカルがこのドラマの為に書き下ろした曲であるが、ドラマで使用されていたのはCDの2曲目に収録されている「Flavor Of Life -Ballad Version-」のみ。 PVもこのバージョンのみ制作されており、内容はレコーディング風景を収録した物である。

尚、宇多田ヒカルが主題歌として楽曲『SAKURAドロップス』を同局系列のドラマ『First Love』に提供して以来5年ぶりにドラマへの楽曲を提供した曲でもある。

宇多田自身、ドラマの原作漫画を愛読し、ファンだった事から楽曲提供を引き受けた。その為ドラマのイメージにぴったりだと評価は高い。ドラマ内では所謂「良い所」で流れ始める切ないバラードに仕上がっている。

実質、このシングルのC/wに収録されているのはバージョン違いで、「Flavor of Life」1曲のみの収録になっている。

最初に出来上がったオリジナルバージョン(CD1曲目収録)をドラマ関係者に聞かせた所、「バラードにして欲しい」との要望が出た為『-Ballad Version-』が作られた。尚、『-Ballad Version-』のアレンジは宇多田本人は少し携わった程度でほぼ違う人にアレンジを頼んだ形となった。結果、良い物が出来たと本人も気に入っており、歌うのは『-Ballad Version-』の方が好きだと述べている。又、大好きだった漫画の曲を作って欲しいと頼まれた事で、「私も少しは歌手として大きくなれたな」と初めて感じたと自身のHP上の日記でも述べている。

CD発売前に着うたが解禁。すると、史上初リリース前に着うた200万ダウンロードを達成。さらに、発売後約一ヵ月半にして着うたなどの音楽配信総数が558万ダウンロードを達成し、2007年現在、邦楽におけるダウンロード数歴代1位となった。なお、同時点でCDの出荷枚数は72万枚を突破している。

2006年中は6月の「ミュージックステーション」に『This Is Love』を披露しに1回出演した程度だったテレビ出演だったが、今回は久々にテレビ出演を活発化させた。テレビ披露は主にBallad Versionだが、深夜番組ではオリジナルバージョンを披露する事も多い。ちなみに、3月2日放送の「ミュージックステーション」で披露した際には、イヤーモニターのトラブルで肝心の出だしが歌えなかった。

タイアップのドラマが高視聴率だったこともあり、初動売上は27.1万枚、前作『ぼくはくま』の4.0万枚から7倍近く大上昇した。初動売上20万枚突破は『COLORS』以来4年2ヶ月ぶりである。また、『Be My Last』以降の全シングルの累積売上も僅か1週で突破している。

オリコンシングルチャートでは『Be My Last』以来一年5ヶ月ぶりの初登場1位を記録し、その後3週連続1位を獲得した。同チャート3週連続1位はKAT-TUNの『Real Face』以来10ヶ月ぶり、女性アーティストとしては浜崎あゆみの『Voyage』以来約4年5ヶ月ぶり、自身では『光』以来約4年11ヶ月ぶりの記録。
(Wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~
~「宇多田ヒカル Flavor Of Life PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


宇多田ヒカル Easy Breezy PV


全曲英語詞。米国の大手レコードレーベルであるIsland Def Jam Music Groupと契約したのは2003年であり、日本での東芝EMIとは別系列のレコード会社と異例の同時契約を結んだことで話題となった。「Utada」が「宇多田ヒカル」とは別名義の洋楽アーティストとして扱われるのはそのためである。レコード契約から発売まで1年以上を要したのは、レコード会社の幹部が交代するなど環境の変化により、求められる作品のコンセプトが変わったことなどがあると言われている。

レコード会社での分類が洋楽扱いであったため、オリコンでも洋楽扱いとなり、レンタルCDでは発売から1年間はレンタル禁止だった。但し、宇多田ヒカルと同一人物ということでCDショップやラジオ局によっては邦楽(J-POP)扱いされるケースも見受けられた。

日本では2004年9月8日に先行発売された。オリコンの初動売上は52.4万枚(洋楽史上最高)を記録。累計で107万枚を売り上げた。米国では10月6日に発売された。初動セールスは7105枚。発売1か月で約2万枚の売り上げ。最高位160位(ビルボード)。全世界での累計出荷枚数は135万枚(Universal Music)。

「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1」と合算すれば、年間セールスのトップとなる400万枚前後を売り上げたことになるが、上記の理由により日本ゴールドディスク大賞の邦楽アーティスト・オブ・ザ・イヤーの対象にならなかった(邦楽はORANGE RANGE、洋楽はQUEENが受賞)。

あの「宇多田ヒカル」が名義も新たに「Utada」として全米デビューをするとあって発売当初日本ではかなり話題になり、ミリオンヒットを記録した。しかし本作を全米で発売する際、当初予定されていた大掛かりなプロモーションは実際には行われなかったために、肝心の本国アメリカではヒットに恵まれず、2004年度のアメリカのワーストアルバムベスト6位に選ばれており、現在では「全米デビューは失敗だったのでは?」という評価が多くみられるが、米国のiTunes Music Storeでは最高位1位、Amazon.comでは最高位32位を記録している。

この後、本格的に全米進出かと思われたが結局のところ日本でメジャーデビュー後に全米発売したアルバムは2006年6月現在、この1枚だけである。

2005年に入ってから、MTVジャパンが立ち上げた携帯電話向け音楽・動画配信サイト「FLUX」のタイアップに全収録曲が使用された。アニメーションはSTUDIO 4℃のアニメーター森本晃司らが担当し、独創的な世界観は高く評価された。「Opening」のアニメーションに似たものが、宇多田ヒカルの「Passion~single version~」のPVにも使われている。
(Wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~
~「宇多田ヒカル Easy Breezy PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


宇多田ヒカル Keep Tryin' PV


au LISTEN MOBILE SERVICE(LISMO)のコマーシャルソング。
前々作『Be My Last』、前作『Passion』は一般受けしにくい楽曲だったが、本作は比較的平易・ポップであかるい楽曲である。CDセールスこそほとんど回復しなかったものの、タイアップの好影響もあり着うた・音楽配信では一位を独走したなどのかなりのヒットを記録した。
歌詞を読むと、「小学生が将来なりたい職業」の調査結果や、社会の寵児になっていたIT経営者に向けて、彼女なりのメッセージを込めて歌っていると推測される部分がある。
プロモーションビデオは紀里谷和明が監督。ウェイトレス等の職業のコスプレを披露している。また、ほとんどのセットがダンボールで作られている。また、ものまねタレントのミラクルひかるがエキストラ出演している。
宇多田のシングルでは久しぶりのカップリング曲「WINGS」が収録されている。
iTunes年間ダウンロードランキング1位獲得。
(Wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~
~「宇多田ヒカル Keep Tryin' PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


宇多田ヒカル SAKURAドロップス PV


曲名の『SAKURAドロップス』は散った桜の花の意であるが、サクマドロップスともかけてある。
『SAKURAドロップス』のPVはどことなく木の葉や鳥や彼女の衣装が花のような感じだったりするなど自然を意識したような雰囲気に仕上がっている。
『Letters』にはCharとGLAYのHISASHIがギターで参加している。
『SAKURAドロップス』はTBS系テレビドラマ『First Love』主題歌。
『Letters』はNTTドコモ FOMAのCMソング(本人出演)。この曲は一足速いサマーソングのように仕上がっている。
2曲ともアルバム『DEEP RIVER』、ベストアルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』に収録。
発売されたCDやそのCDの帯では両A面扱いとなっており、上記に示してあるようにベストアルバムにも両曲とも収録されているが、実質LettersはタイアップなどがあったもののPVなども作成されておらず、カップリングのような扱いである。これはこの時期、宇多田自身が体調を崩してしまったためPV製作がなくなったものと考えられる
(Wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~
~「宇多田ヒカル SAKURAドロップス PV」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。