スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Every Little Thing DREAM GOES ON PV 動画 歌詞


36枚目シングル2009年9月23日発売
NHK総合系金曜ドラマ『派遣のオスカル〜少女漫画に愛をこめて』主題歌

元メンバーの五十嵐充がサウンドプロデューサーとして、作曲・編曲を担当。2000年の15thシングル「Rescue me/Smile Again」以来、9年振りの参加作品である。
~「Every Little Thing DREAM GOES ON PV 動画 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】
スポンサーサイト


Every Little Thing 冷たい雨 PV 動画 歌詞


37枚目シングル2009年11月18日発売

前作から続いて、元メンバーの五十嵐充がサウンドプロデューサーとして、作曲・編曲を担当
~「Every Little Thing 冷たい雨 PV 動画 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


Every Little Thing Shapes Of Love PV 歌詞 高画質


「Shapes Of Love」で年末のNHK紅白歌合戦に初出場した。(対戦相手は山川豊で「酒場のろくでなし」)、また、持田香織は藤あや子の紹介で、同じく初出場した松たか子、広末涼子と共に振袖姿を披露した。
テレビ朝日系列ドラマ「研修医なな子」(1997年10月13日~同年12月8日・月曜夜8時)の主題歌。当時のELTにしては、シンセサイザー色が抑えられ、バンドサウンドが押し出された様な楽曲。五十嵐曰く、「ライブで盛り上がる楽曲を」という考えで作られた。2ndアルバム『Time to Destination』、ベストアルバム『Every Best Single +3』に収録されている。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら

~「Every Little Thing Shapes Of Love PV 歌詞 高画質」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


Every Little Thing 出逢った頃のように PV 歌詞 高画質


2007年3月6・7日に日本武道館で行われた10周年ライブでは久々にオリジナル版を披露した。
Every Little Thingでは初めて、日本語のタイトルを冠したシングル作。
Every Little Thingのシングルの中では「Time goes by」、「fragile/JIRENMA」、「For the moment」、「Face the change」に次いで5位の売り上げを占めている。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら
~「Every Little Thing 出逢った頃のように PV 歌詞 高画質」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


Every Little Thing Dear My Friend PV 歌詞 高画質


第39回日本レコード大賞「優秀作品賞」受賞。
元々は他のアーティストへ提供する予定だったが、出来が良かったために自分達の曲になった。
英文法的にはMy Dear Friendというのが正確である。
近年では観客に向かって持田がマイクを向けて会場全体で歌うという行為が定番になっている。
近年のa-nationでは、毎年のように歌われる定番ソングである。
1998年にCHERRYによってカバーされた(ユーロビートのコンピレーションアルバム『SUPER EUROBEAT VOL.90』に収録)。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら
~「Every Little Thing Dear My Friend PV 歌詞 高画質」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


Every Little Thing Time goes by PV 歌詞 高画質


オリコンチャート初登場2位(1位はMr.Childrenの「ニシエヒガシエ」)。その後も3週連続で2位にランクインし、売り上げを維持して発売8週目にミリオンヒットを記録した。Every Little Thing最大のヒット曲であり、オリコンで年間9位にランクイン。
シングルとしては初のバラード。
フジテレビ系列木曜10時ドラマ「甘い結婚」(1998年1月8日~同年3月19日放送)の主題歌だった。また、前作「Face the change」から引き続きTOYOTA『HILUX SURF SSR-V』CMソングにもなった。
この曲で、年末のNHK紅白歌合戦にも出演した。(対戦相手は西城秀樹で「傷だらけのローラ」)第1部での出場であったが、この際に記録した視聴率56.5%という数字はNHK紅白歌合戦の第1部では史上最高である。
ジャケットは、吉祥寺の劇場を借り切っての撮影。なお、このジャケットの持田の顔は顎が細くなるようレタッチされていることを本人が明かしている。
1998年にJEFF LORBER、1999年にNatalia、2001年にPatrice Rushen、2007年に徳永英明、2008年にEric Martin、2009年にYU-Aによってカバーされた。
2008年2月27日に放送されたSONGSの中で持田は「当時は歌の意味を理解せずに歌っていた」と語っている。
2ndアルバム『Time to Destination』にオーケストラバージョンとして収録され、ベストアルバム『Every Best Single +3』、バラードベスト『Every Ballad Songs』に収録されている。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら
~「Every Little Thing Time goes by PV 歌詞 高画質」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


Every Little Thing Feel My Heart PV 歌詞


デビュー曲でありながらPVの撮影はロサンゼルスで行われた。
ボーカルの持田香織とギターの伊藤一朗はこの曲が収録された時点ではお互い対面すらした事がなかった。
発売から1ヵ月後、テレビ朝日系「ミュージックステーション」に初出演。これがメディア初登場となった。
1998年にDOMINOによってカバーされた(ユーロビートのコンピレーションアルバム『SUPER EUROBEAT VOL.90』に収録)。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら
~「Every Little Thing Feel My Heart PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


Every Little Thing  Future World PV 歌詞


前作から2ヶ月という短期間で発売された。
この曲で初めて「うたばん」に出演(トークなし)。
ボーカルの持田香織は、レコーディングの際にうまく"フューチャー"と発音できず"フユチャン"と発音して、五十嵐充に注意されていた。
PVは新宿区の東京オペラシティのビル屋上で、空から撮影されている。
1998年にHELENAによってカバーされた(ユーロビートのコンピレーションアルバム『SUPER EUROBEAT VOL.90』に収録)。
(wikipedia引用)

~PVを見たい人は続きを読むへ~

>>歌詞はこちら
~「Every Little Thing  Future World PV 歌詞」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。