スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

矢島美容室

矢島美容室(やじまびようしつ)は、日本の音楽ユニットコーラス・グループである。
~PV~
ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-


2007年
12月6日 - 「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)の「新・食わず嫌い王決定戦」に出演したDJ OZMAは、「とんねるずのみなさんのおかげです」で人気を博した『矢島工務店』を見たのがきっかけでバンドを始めたことを告白する。ここでとんねるずとDJ OZMAが、「矢島工務店の現代版をやろう。」と話が盛り上がったのがコトの始まりである。
2008年
5月29日 - 半年の月日が流れ、遂に「とんねるず×DJ OZMAプロジェクト」が始動。とんねるずがDJ OZMAをドッキリにはめ、その後ミーティングをするために六本木に繰り出したが、具体的な構想はここでは話し合われなかった。
9月25日 - 「とんねるずのみなさんのおかげでした秋の特大スペシャル」にて、10月29日にavexより『矢島美容室』としてCDをリリースする事が発表される。そして、デビュー曲「ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-」をテレビ初披露。番組オンエアー直後より、着うた配信をスタート。オンエアー後、1時間で1万4000ダウンロードを記録。
9月26日 - ロッテ「SPASH」(長澤まさみ、古田新太出演)のCMスポットが東日本で先行オンエアースタート。
10月29日 - 「ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-」リリース。


~矢島美容室の詳しい内容は続きを読むへ~

~「矢島美容室」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】
スポンサーサイト


柴崎 コウ

柴咲 コウ(しばさき こう、1981年8月5日 - )は、日本の女優、歌手である

~PV~
>>PVはこちら

ユニバーサルミュージックから2002年にシングル「Trust my feelings」でデビュー。2003年、RUI(ルイ)の名義でリリースした映画『黄泉がえり』の主題歌「月のしずく」が100万枚(ミリオン)を超える大ヒット曲となる。オリコンチャートでは最高位1位、年間チャートでも3位を記録した。翌2004年には、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌「かたち あるもの」(最高位2位)が60万枚を超える大ヒットを記録し、年間チャートでもトップ10入りした。ほとんどの作品は柴咲自身が作詞を担当しており、「影」(最高位2位)や「invitation」など、本人による歌詞は原作の内容をよく理解して作られており、作詞に関する評価も得ている。2008年、初のベストアルバム「Single Best」「The Back Best」を2枚同時リリース。オリコン初登場1位を獲得した。
(wikipedia引用)


THE LOOSE DOGS

ザ・ルーズドッグス(THE LOOSE DOGS)は、日本のバンド。通称「ルーズ」。

所属レコード会社は、エイベックスグループのcutting edge。JUNK MUSEUMに所属。インディーズ時代のレーベルはtearbridge records(tearbridge production)で、こちらもエイベックスグループである。

メンバー4人全員が福井県出身者。4人ともメインボーカルができる。そのため、公式ホームページでは「4人ともメインヴォーカルのバンド」とあり、店頭のポップなどは「1粒で4度おいしいバンド」などと紹介される。県内、近県のCDショップには殆どの店でいずれかのCDが陳列されており、その他の地域でも大型店舗を中心に店頭で購入できる。

ロードオブメジャーはインディーズからのレーベルメイトである。


~PV~
>>PVはこちら

~THE LOOSE DOGSの詳しい内容は続きを読むへ~


~「THE LOOSE DOGS」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


KREVA

KREVA(クレバ、本名:畠山 貴志(はたけやま たかし)、1976年6月18日 - )はヒップホップMC、トラックメーカー。血液型:O型。東京都江戸川区出身、東京都立国際高等学校、慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業 。ヒップホップグループ、BY PHAR THE DOPEST及びKICK THE CAN CREWのMC兼トラックメイカー。FUNKY GRAMMAR UNIT、神輿ロッカーズの一員。所属レコード会社はポニーキャニオン。所属レーベルはKnife Edge。身長178cm。好きな食べ物はツナ。

名前の由来は英単語clever(「ずる賢い」の意)から。


~PV~

>>PVはこちら


~KREVAの詳しい内容は続きを読むへ~

>>PVはこちら





~「KREVA」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


ORANGERENGE

ORANGE RANGE(オレンジレンジ)は、日本の5人組ミクスチャーバンドである。略称はレンジ。所属プロダクションはSpice Music、レコード会社はgr8! records(SME)。スターダストプロモーションと業務提携している。音楽プロデューサーはシライシ紗トリ。 「ORANGE RANGE」のユニット名は、SMEの登録商標である(商標登録番号第4803814号)。


>>PVはこちら

~ORANGERANGEの詳しい内容は続きを読むへ~



>>PVはこちら

~「ORANGERENGE」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


アンジェラ・アキ

アンジェラ・アキ(Angela Aki、1977年9月15日 - )は、日本の女性シンガーソングライター、ジャズピアニスト。日本人の父親とアメリカ人の母親のハーフ。幼少時通名、安芸聖世美(あき きよみ)。徳島県板野郡板野町出身。身長166cm。血液型A型。愛称はアンジー。

>>PVはこちら


父は英会話スクールイーオン代表の安藝清、母はイタリア系アメリカ人である。1歳年下の妹(名前はカイラ (Kyla) )がいる。

日本人と欧米人のハーフ特有の顔立ち、伊達眼鏡、徳島弁(阿波弁)、そして、Tシャツ(本人は、Haleiwa supermarket(ハワイ)のTシャツを愛用している。)にジーンズ姿が外見的特徴である。(衣装として着用するジーンズの殆どはスタイリストが用意する借り物のビンテージジーンズらしい)2007年3月9日、自身のブログにて結婚する旨を報告、それと同時にこれが2度目の結婚であることも明らかにした。夫は音楽ディレクターで、エピックレコードで彼女の担当をしていたが、結婚を機に退職しフリーランスとなった。また、アンジェラはこの日、テレビ朝日系で生放送された『ミュージックステーション』に出演し、多くの出演者から祝福を受けていた。

コンサートでの喋りが長いため、コンサートのアンケートに「女さだまさし」(さだまさしはコンサートのトークが長く、それが彼の魅力の一つになっている)と書かれる、とさだが司会の『2008年新春生放送 年の初めはさだまさし』(2008年1月1日)に送ったハガキで述べている。 また、デビュー当時のネット上では黒ぶちメガネと黒髪から、世界的な歌手ナナ・ムスクーリの若い頃と間違われた。

中学時代は岡山県で過ごしたこともある。


~アンジェラ・アキの詳しい内容は続きを読むへ~


>>PVはこちら


~「アンジェラ・アキ」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


新垣 結衣

新垣 結衣(あらがき ゆい、1988年(昭和63年)6月11日 - )は、日本の女優、歌手。所属事務所はレプロエンタテインメント。愛称はガッキー、ゆいぼ。身長168cm。

沖縄県那覇市出身。那覇市立開南小学校、大里村立大里中学校(現南城市立大里中学校)、日出高等学校卒業。

>>PVはこちら

3人姉妹の末っ子として生まれる。2001年、女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』の読者であった姉に「私はもうできないから結衣に頼んだ」と言われてモデル(ニコモ)オーディションに応募、グランプリを獲得。2005年春にニコモを卒業するまでに表紙に15回登場し、その回数は当時最多であった。

翌年春にニコラ卒業を控えた2004年中頃からはバラエティ番組や水着グラビア、女優業などへと進出。女優としては2005年に出演した『Sh15uya』でデビュー。ニコモを卒業した今でも、ニコラに載る事がある。ただし、2006年秋ごろからは、バラエティの出演は減ってきている。

2005年にはNTT東日本企業広告CMに出演したほか、土9ドラマ『ギャルサー』と『マイ★ボス マイ★ヒーロー』へ2クール連続で出演。また、江崎グリコ「ポッキー極細」のCM出演が人気の後押しとなった[1]。アニメの声優にも挑戦し、映画『超劇場版ケロロ軍曹』ではミララ役でゲスト出演、テレビアニメ『デジモンセイバーズ』では藤枝淑乃役でレギュラー出演した。

グラビアアイドルとしては主に少年誌の雑誌グラビアで活動していたが、2006年3月3日に1st写真集『ちゅら☆ちゅら』を、5月17日にイメージビデオ『XIANGYU シャンユイ〜相偶』を発表した。『ちゅら☆ちゅら』の発売にあたって3月5日12時から福家書店銀座店にて開催されたサイン本発売と握手会には1500人近くが来場、同店におけるイベントとしてはプロ野球監督の長嶋茂雄以来という盛況を博した。ちなみにタイトルの「ちゅら」は沖縄方言で「美しい」という意味を持つ。


~新垣結衣の詳しい内容は続きを読むへ~



>>PVはこちら

~「新垣 結衣」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


青山 テルマ

青山 テルマ(あおやま テルマ、本名同じ、1987年10月27日 - )は、日本の女性アーティスト。奈良県大和高田市出身。上智大学国際教養学部(旧比較文化学部)在学中。

>>PVはこちら

クォーター(父方の祖父がトリニダード・トバゴ人)。
テレビ東京「みゅーじん」2008年3月23日放送にて
幼少から慣れ親しんだゴスペルに対して、「ただのレッスンも、レッスンでなく、純粋に唄う喜びが、うれしさがゴスペルにはあった」と語る。
音楽に対する姿勢について、「どんな曲が売れるか、相手は何が聞きたいかでなく、自分は何が唄いたいのか、それを突き詰めないといけないんだ、と思っている」と語っている。
自身にとって、歌とは「たまに嫌になるし喧嘩もするけど、大切な彼氏」のようなものだと語っている。
白いヘッドホンに緩やかなソバージュヘア、肩には大きめのバッグというテルマーファッションが注目され、テルマー現象と言われている。[1]
なお、異常なまでに鼻が大きい事で有名
テレビ朝日「徹子の部屋」2008年8月25日放送にて、次のように名前の由来を語る。
「テルマ」という名前は父方の曾祖母の名前で、それを受け継いだもの。Thelma とつづり、「強い意志」を表わす。
(wikipedia引用)



>>PVはこちら

秋川 雅史

秋川 雅史(あきかわ まさふみ、1967年10月11日 - )は、日本の声楽家、テノール歌手。愛媛県西条市出身。血液型A型。父は声楽家の秋川暢宏。

>>PVはこちら



4歳よりヴァイオリン、ピアノを始める。西条市立西条南中学校3年生の時に父の指導のもと声楽家へ転向。愛媛県立小松高等学校を経て、国立音楽大学卒業、同大学大学院修了。その後4年間、イタリアのパルマにて修行。帰国後、ベートーヴェン作曲の交響曲第9番(合唱付き)のソロなど、数々のコンサートに出演。1998年にカンツォーネコンクール第1位、日本クラシック音楽コンクール声楽部門最高位をそれぞれ受賞した。

2001年に、コロムビアミュージックエンタテインメント(旧日本コロムビア)より最年少テノール歌手としてCDデビュー。

2006年12月31日の『第57回NHK紅白歌合戦』(NHK)に「千の風になって」にて出場し、紅白初出場を果たす。

紅白歌合戦出場後、「千の風になって」が2007年1月15日付のオリコンシングルチャート第4位にランクイン。テノール歌手として史上初のトップ5ランクインを果たし、1月22日付のオリコンチャートにて1位となる(2006年6月12日付オリコンシングルチャート初登場168位だったので、100位以下の初登場から1位になったのはオリコン史上初)。

代表作「千の風になって」は、著名な詩「Do not stand at my grave and weep」(作者不明であるが、メアリー・エリザベス・フライの作とする説が有力)を、新井満が日本語に訳し同氏自らが作曲・歌唱したものがオリジナルで、秋川の歌唱はカバー曲にあたる。この曲の大ヒットが評価されて、「ベストヒット歌謡祭2007」では「40周年記念特別賞」を受賞した。

2008年3月、日本テレビの開局55周年スペシャルドラマ『東京大空襲』の主題歌を担当。X JapanのYOSHIKIが書き下ろした曲『愛する人よ』を歌った。

コンサートはピアノ伴奏のみによる形式と、前半をピアノ伴奏、後半をバンド(ピアノ・バイオリン・ギター・ベース)をバックに行う形式をとる。

実家の西条祭りには毎年スケジュールをやりくりして帰省するほどの祭り好きである。
(wikipedia引用)


~秋川 雅史の詳しい内容は続きを読むへ~


>>PVはこちら

~「秋川 雅史」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】


ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション、漢字表記「亜細亜的功夫世代」、中国語表記「亞洲的功夫世代」)は、日本の4人組ロックバンド。略称「アジカン」。所属レコード会社はキューンレコード。いわゆる下北系と呼ばれるロックバンドの代表格である。


>>PVはこちら




後藤正文(Vo&G)、喜多建介(G&Vo)、山田貴洋(B&Vo)、伊地知潔(Dr)の4人編成。
CDジャケットは、全て中村佑介のイラスト(自主制作盤を除く)。
メンバーは、アジカンだけでなく、他の音楽も聴くことを勧める。公式ファンクラブを持たないのも、その一環であるとされる[要出典]。ラジオでは、他バンドの音源、特に洋楽を多く流す。
台湾にて“亜細亜的功夫世代”としてもCDをリリースしている。アジアやアメリカなどにも広まり、アメリカでは、日本からの輸入CDを扱うレーベルにCDリリースを所望する運動がネット上で起こり、結果『ソルファ』が『Sol-fa』というタイトルでアメリカでリリースされた。
バンド名の由来は、後藤が好きだったthee michelle gun elephantが、英単語を3つ使用している事から「3つ単語を使おう」と思い立ち、考えた末に「ASIAN KUNG-FU GENERATION」で決定。「海外の人たちが読んで驚くような名前」という意味も込められている。“カンフー”は、後藤がカンフー映画好きだから。このバンド名はOASISのノエル・ギャラガーからは「クソ素晴らしい」バンド名だとの評価を受けている[要出典]。略称は「アジカン」。椎名林檎はアジフーと呼んでいるらしい。文字媒体では「AKG」または「AKFG」と称される事もある。ちなみに、「ゴーゴーシーチキンボーイズ」というバンド名の候補もあった[要出典]。後藤は「シーチキン」という語呂がツボにはまったらしい。
発表されている作品の歌詞はすべてボーカルの後藤正文によるもの。日本語のみで綴られた、情景描写と心理描写を巧みに駆使した抽象度の高い歌詞が特徴である。歌詞の一人称は「僕」、二人称は「君」である。(インディーズ時代の音源では、全編英語詞の楽曲も存在する)。
作曲もほとんどが後藤の手によるものだが、他のメンバーが作曲に関ることもある。また、曲を作ったメンバーが歌も歌えばいいという方針であり、喜多が作曲した「嘘とワンダーランド」では、後藤ではなく喜多がメインボーカルを担当している。
マネージャーの通称は「キャッツ」。
デビュー以降「崩壊アンプリファー」~「フィードバックファイル」までの5枚のアルバム全ての名前に「ファ」が付いている、とファンの間では多々指摘されるが、特に意味は無い。また、6枚目のアルバム「ワールド ワールド ワールド」、2枚目のミニアルバム(7枚目のアルバム)「未だ見ぬ明日に」のタイトルには「ファ」は付いていない。



~アジカンの詳しい内容は続きを読むへ~


>>PVはこちら


~「ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)」を見たい人は続きを読むへ~

【音楽】 【続きを読む】 【ランキング】 【PV】













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。